前へ
次へ

幼稚園は効率と私立どうするのか

共働きであっても、保育園に通わせる予定のない家庭は、3歳ぐらいから幼稚園へ通わせるのが一般的です。
そこで迷うのは、公立か私立かということです。
とにかく、教育費を安く抑えたいというなら、迷わずに公立を選びたいところですが、倍率が高く必ず入れるとは限らない地域もあります。
一方、全国で1万3400校ほどある幼稚園のうち、私立はおよそ6割、8200校ほどです。
在学者ベースでは、定員が多いこともあり、幼稚園児総数の8割が私立に通っています。
子どもが小さい時は、比較的家計にゆとりがある家庭も多く、幼児教育の人気の高まりなどもあり、幼稚園は私立でも家計的に問題ないと考える傾向が強いです。
特に初めての子どもほど教育に重きをおいてしまいがちで、負担が重くなっても私立に通わせる家庭が少なくありません。
そのため、これから幼稚園を検討していくという場合は、私立幼稚園の額で見込んでおくと安心です。
ちなみに、公立は1年でおよそ22万円、私立は50万円の費用がかかります。

自分のペースで続けられる幼児のための通信教育
通信教材のため、お子様のペースに合わせて教材を進められます。

箕面テニスクラブ

個々にあわせた授業で志望校合格を目指す
まずは、受けたい学校を話してください。
その学校に向けた特別授業をお届けします

最高のプレゼントをお子様に
英語という名のプレゼントを大阪のインターナショナルスクールがお渡しします

Page Top